メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

中心市街地活性化法の役割=ローカルファースト研究所代表取締役・関幸子

 中心市街地活性化法は、エリアを定め、都市政策と産業政策、住宅政策等を一体的に推進し、まちづくり会社等の設立を可能にした法律として1998年に制定された。2006年には、都市計画法、大規模小売店舗立地法を合わせたまちづくり3法が改定され、郊外の大型店の出店規制、中心市街地の再生と都市機能の集約に意欲的な自治体を積極的に支援できることとなった。具体的には、自治体が中心市街地活性化計画を策定する過程で、利害関係者と協議し合意を取り、官民連携のスキームが保証されることになった。

 しかし、自治体の多くが、その有効性を理解できていないか、駅前商店街の支援の法律と誤解している。計画…

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文701文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐」の相葉雅紀さん 義援金6000万円、千葉県庁で目録手渡す

  2. 「台風接近で焦っていた」 スピード違反容疑で検挙の高知市長が釈明

  3. ORICON NEWS 嵐・松本潤、グループ命名秘話に20年越しで驚き「まじかよ!って」

  4. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  5. 「日本側の方が多様性と冷静さを失ってきている」 青木理氏と嫌韓の空気を考える

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです