メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

中心市街地活性化法の役割=ローカルファースト研究所代表取締役・関幸子

 中心市街地活性化法は、エリアを定め、都市政策と産業政策、住宅政策等を一体的に推進し、まちづくり会社等の設立を可能にした法律として1998年に制定された。2006年には、都市計画法、大規模小売店舗立地法を合わせたまちづくり3法が改定され、郊外の大型店の出店規制、中心市街地の再生と都市機能の集約に意欲的な自治体を積極的に支援できることとなった。具体的には、自治体が中心市街地活性化計画を策定する過程で、利害関係者と協議し合意を取り、官民連携のスキームが保証されることになった。

 しかし、自治体の多くが、その有効性を理解できていないか、駅前商店街の支援の法律と誤解している。計画…

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文701文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 秋の味覚 毒キノコに注意を 大豊作の兆し
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国首脳ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです