メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おはなしめぐり

「ゲド戦記」シリーズを日本語に 清水真砂子さん(76) 30年かけ翻訳「いい旅」

清水真砂子さん

 壮大なファンタジー作品「ゲド戦記」(全6巻)の作者、アーシュラ・K・ル・グウィンさんが先月、88歳で亡くなった。作品を日本語に訳した清水真砂子さんに、ル・グウィンさんの人柄や翻訳について聞いた。【聞き手・坂根真理】

 彼女に実際に会ったのは、「ゲド戦記」を全て訳し終えた2003年の夏です。米国オレゴン州ポートランドに彼女は住んでいました。お会いして最初に黙って案内してくれたのは戦時中の日系人の収容所跡でした。市民としての誠実さを見る思いがしました。

 会う前から親交はあったんです。1992年の夏かな、ル・グウィンは英オックスフォード大で講演をしました。「ゲド戦記」第4巻に対する、主として米国内での批判に答えた形のスピーチだったのですが、私は不満を感じて手紙を書きました。「あなたの作品はそうした批判を凌駕(りょうが)する豊かさをもっているのに」って。生意気ですよね。でもね、それからエージェントを通さず、直接手紙をやり取りするようになり、血の通っ…

この記事は有料記事です。

残り584文字(全文1010文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 「大変申し訳なく思う」 首相、与党議員の銀座クラブ訪問を謝罪

  3. 荻原魚雷のラジオ交差点 このまま走り続けてほしかった

  4. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  5. 世界のコロナ感染、1億人超 77人に1人 死者は210万人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです