メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/206 第6章 14=高村薫 多田和博・挿画監修

 日曜の朝、食卓でトーストにバターを塗りながら、君、歯ぎしりってしたっけ、夫の亨が言う。ごめんなさい、寝られなかった? いや、珍しいなと思っただけ。それだけの何ということもないやり取りだったが、なめらかな皮膚に生じた小さなささくれのように感じられて、真弓はちょっと怯(おび)える。この人は夜中に妻の顔を見ているんだ--そう思うと、ふいにぞっとし、そんな感覚にとらわれた自分にやるせない違和感を覚える。

 なにがしかの負の感情は、見えない磁力線で次々に同類を呼び集めるのかもしれない。その同じ食卓で自分の…

この記事は有料記事です。

残り726文字(全文976文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 IT講師刺され死亡 福岡繁華街、容疑者か男出頭
  2. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張
  3. 毎日世論調査 内閣支持率36% 前回比5ポイント増
  4. 鹿児島 腹から血流して男性死亡 サウナで殺人事件 
  5. サッカー日本代表 「会おう」マネの誘い 断った吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]