メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊 議連発足控え超党派勉強会

 旧優生保護法(1948~96年)に基づき障害者への強制的な不妊手術が行われていた問題で、救済のあり方などを議論する超党派のメンバーが27日、国会内で勉強会を開いた。3月6日に議員連盟を設立するのに先立ち、同様の法律があったドイツとスウェーデンの救済の実態などについて、国立国会図書館の職員から説明を受けた。

 勉強会には、立憲民主党▽民進党▽無所属の会▽共産党▽社民党--の衆参計7議員らが参加した。スウェー…

この記事は有料記事です。

残り217文字(全文421文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  2. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  3. 「ふたご座流星群」見えるかな 14~15日が見ごろ、太平洋側は好天

  4. 「妻子3人の死亡は出勤前」法医学者証言 元巡査部長は「出勤時寝ていた」 福岡地裁公判

  5. 新千歳発の全日空機、引き返す 客室に「白い粉」拡散

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです