メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

働き方改革

首相、実態把握へ調査 法案提出さらに遅れ

衆院予算委員会締めくくり質疑で裁量労働を巡る残業データ問題の質問に答える安倍晋三首相=国会内で2018年2月28日午前10時6分、川田雅浩撮影

 衆院予算委員会は28日午前、安倍晋三首相と全閣僚が出席して締めくくり総括質疑を行った。首相は裁量労働制を巡る厚生労働省の異常データ問題について、制度の実態把握の調査を行うと表明した。首相は「実態把握をしない限り、政府全体として前に進めない」と述べた。政府が3月中旬を目指していた裁量労働制拡大を含む働き方改革関連法案の国会提出は、さらに遅れる見通しとなった。

 首相は「実態把握の方法は(加藤勝信)厚生労働相を中心に検討する」と説明。加藤氏は「今あるデータが使えるということにはなりえない」と述べ、新たにデータを取り直すことを示唆した。いつまでに調査を終えるかについては、首相は「相応の時間を要する」と述べるにとどめた。

 首相は「厚労省のデータに疑義があるとの指摘を受け、精査をせざるを得ない事態となったのは重く受け止める。国民に疑念を抱かせることとなったのは遺憾だ」と語った。立憲民主党の逢坂誠二氏への答弁。

 菅義偉官房長官は記者会見で、働き方改革関連法案の提出時期について「実態把握をした上でという形になるのは当然のことではないか」と述べ、調査の結論を得た後になるとの認識を示した。

 また、予算委で厚労省は裁量労働制に関する調査データに新たに57件の異常値が見つかったことを明らかにした。立憲民主党の岡本章子氏への答弁。

 1日や1カ月で残業時間を計上しているのに、1週間では残業がゼロのケースなどが確認されたという。これまでに発覚した異常値は400件を超えた。

 2018年度予算案は28日午後に予算委で可決された。同日夜の衆院本会議で自民・公明両党などの賛成多数で可決、参院に送付される見通しだ。

 野党側は裁量労働制などに関し、さらなる審議が必要だとして予算案採決に強く反対。衆院予算委員長の解任決議案を提出した。【水脇友輔、古関俊樹】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです