将棋

「一番長い日」名人戦A級順位戦最終局 2日静岡で

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
佐藤天彦名人=宮間俊樹撮影
佐藤天彦名人=宮間俊樹撮影

 将棋の佐藤天彦名人への挑戦者を決める、第76期名人戦A級順位戦(毎日新聞社、朝日新聞社、日本将棋連盟主催)の最終局が3月2日、JR静岡駅前の浮月楼(静岡市葵区紺屋町)で開かれる。市内での開催は4年ぶり2回目。大盤解説会など関連イベントもあり、全国から将棋ファンが集まり大いに盛り上がりそうだ。

 名人戦は将棋のタイトル戦の最高峰で、徳川家康が創設に深く関わったとされる。A級順位戦最終局は「将棋界の一番長い日」とも言われ、静岡市での最終局はあえて名人戦の第「0」局と称し、原点に回帰して、家康公に敬意を表する。

 家康は、秀忠に将軍職を譲った後、大御所として駿府(現在の静岡市)に移り住んだ。将棋や囲碁に深い関心を示し、実力者たちを駿府城に招いて「御前将棋」をさせたという。1612(慶長17)年、当時の第一人者、大橋宗桂に俸禄(ほうろく=給与)を与えて身分を認め、生活を保護した。宗桂は将棋家元と認められ、これが名人制度のスタートと言われている。

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文828文字)

あわせて読みたい

注目の特集