メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
将棋

「一番長い日」名人戦A級順位戦最終局 2日静岡で

佐藤天彦名人=宮間俊樹撮影

 将棋の佐藤天彦名人への挑戦者を決める、第76期名人戦A級順位戦(毎日新聞社、朝日新聞社、日本将棋連盟主催)の最終局が3月2日、JR静岡駅前の浮月楼(静岡市葵区紺屋町)で開かれる。市内での開催は4年ぶり2回目。大盤解説会など関連イベントもあり、全国から将棋ファンが集まり大いに盛り上がりそうだ。

 名人戦は将棋のタイトル戦の最高峰で、徳川家康が創設に深く関わったとされる。A級順位戦最終局は「将棋界の一番長い日」とも言われ、静岡市での最終局はあえて名人戦の第「0」局と称し、原点に回帰して、家康公に敬意を表する。

 家康は、秀忠に将軍職を譲った後、大御所として駿府(現在の静岡市)に移り住んだ。将棋や囲碁に深い関心…

この記事は有料記事です。

残り523文字(全文828文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. 「衆院選に大きな展望」野党歓迎 大野氏埼玉知事選初当選 統一加速へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです