メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪マスコット

市松模様と桜「頑張れそう」 児童ら投票

「東京2020大会マスコット小学生投票結果発表会」で披露された東京五輪・パラリンピックのマスコット(後方)=東京都品川区で2018年2月28日午後0時11分、渡部直樹撮影

 2020年東京五輪・パラリンピックの顔は、日本の伝統を重んじたマスコットに決まった。28日に東京都品川区立豊葉の杜学園で発表された全国約20万クラスの小学生が参加した投票で最多得票を集めたのは、市松模様や桜があしらわれた「ア」だった。子どもたちからは「桜が日本らしく、選手が頑張れそう」「大会エンブレムをモチーフにして多様性と調和が伝わってくる」と人気だった。

 発表会には小中一貫の同校の小学1~6年の児童約560人が参加。得票数が一斉にボードで示されると、歓…

この記事は有料記事です。

残り634文字(全文865文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クマの親子とバッタリ 69歳男性、両腕かまれ軽傷 滋賀

  2. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  3. 昭恵夫人「私人」なのに「桜を見る会」で推薦枠? 公私混同では?

  4. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  5. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです