特集

旧優生保護法を問う

旧優生保護法下で不妊手術を強制された障害者らの記録に関する毎日新聞の全国調査で、強制手術を受けた人の約8割に当たる1万2879人の資料が確認できなくなっていることが判明した。「記録のない被害者」をどう特定し、救済につなげるか。

特集一覧

強制不妊手術

議連発足前に勉強会 超党派メンバー

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 旧優生保護法(1948~96年)に基づき障害者への強制的な不妊手術が行われていた問題で、救済のあり方などを議論する超党派のメンバーが27日、国会内で勉強会を開いた。3月6日に議員連盟を設立するのに先立ち、同様の法律があったドイツとスウェーデンの救済の実態などについて、国立国会図書館の職員から説明を受けた。

 勉強会には、立憲民主党▽民進党▽無所属の会▽共産党▽社民党--の衆参計7議員らが参加した。スウェーデンでは、97年に報道をきっかけに政府が実態調査と被害者への補償を検討するための調査委員会を設置。99年の中間報告書を受け、スウェーデン議会が被害者に約200万円を支給する法律と規則を成立させたという。参加者からは、補償対象であることの証明や補償額がどのように決まったのかなどについて質問が出た。

この記事は有料記事です。

残り80文字(全文432文字)

【旧優生保護法を問う】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集