メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東シナ海

北朝鮮船籍タンカーが「瀬取り」 政府確認

中国・上海の東約220キロの東シナ海の公海上で、横付けして照明を点灯している北朝鮮船籍のタンカー「Chon Ma San号」(右)とモルディブ船籍のタンカー「Xin Yuan18号」=2018年2月24日午後10時半撮影、防衛省提供

 政府は27日、東シナ海の公海上で、北朝鮮船籍のタンカーがモルディブ船籍のタンカーに横付けしている現場を確認したと発表した。洋上で船の積載物を積み替える形で経済制裁を逃れる「瀬取り」を行っていた可能性が高いとみている。

 海上自衛隊のP3C哨戒機が24日深夜に確認した。現場海域は、中国・上海の東約250キロの沖合。国連安全保障理事会の制裁委員会に報告し、米国など関係国にも情報を提供した。

 米政府は、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に対し、追加の独自制裁で密輸防止を強化。日本政府も新たな対応を検討している。政府が瀬取りを公表するのは4件目。【仙石恭】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです