九州電力

川内1号機、再起動時期3週間延長へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
九州電力の川内原発1号機(手前)=本社ヘリから須賀川理撮影
九州電力の川内原発1号機(手前)=本社ヘリから須賀川理撮影

 九州電力は27日、定期検査で停止中の川内(せんだい)原発1号機(鹿児島県薩摩川内市)について原子炉の再起動時期が当初予定の5月上旬から3週間遅れて同下旬になると発表した。1次冷却水の放射性物質の濃度を下げる作業が通常より長引いたため。

 川内1号機は昨年3月以降、1次冷却水の放射性ヨウ素の濃度が通常…

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文360文字)

あわせて読みたい

注目の特集