メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インドネシア

石炭火力計画に激しい反対運動 西ジャワ州

 日本の政府開発援助(ODA)で進むインドネシア西ジャワ州の石炭火力発電所計画に対し、地元で激しい反対運動が起きている。インドネシア政府が電力不足解消に向けて計画を急ぐ中、反対派住民が脅迫や嫌がらせを受けるケースもあり、環境NGOなどが日本政府にも対応を求めている。

 「全く身に覚えのない罪。なぜこんな扱いを受けるのか」。ジャワ島西部北岸沿いに水田が広がる同州ムカルサリ。計画予定地から150メートルほどの場所に住む反対派の中心のサウィンさん(50)は憤る。

 昨年12月17日午前1時、自宅で就寝中に突然、6人の警察官がやってきて、車で1時間ほど離れた警察署…

この記事は有料記事です。

残り890文字(全文1169文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  2. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  3. ORICON NEWS 2018年 今年の漢字は「災」に決まる  “平成最後”過去23年間分も紹介&解説
  4. 大阪市の指定暴力団幹部宅で拳銃4丁と覚醒剤約1.5キロを押収
  5. 藤井七段、通算100勝 最年少・最速で達成

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです