メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

厚労省

自殺対策強化 3月にSNS相談窓口

厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、武市公孝撮影

 厚生労働省は、自殺対策強化月間の3月にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)による相談窓口を設置する。SNSに自殺願望を投稿した若者が誘い出されて殺害された座間事件を受け、電話やメールに加え、新たにSNSでも相談を受け付けられるようにした。

 SNSの相談窓口は、若者の心のケアやサポートを行っている13の民間団体が厚労省の助成を受けて実施。相談窓口となるSNSの無料通信アプリ「LINE(ライン)」や短文投稿サイト「ツイッター」のアカウント一覧を同省ホームページ(HP)に掲載する。

 また、スマートフォンの無料通信アプリなどで、番号が050で始まるIP電話が利用されることも多いため…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文647文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. 「私生活動画」収集計画のIT会社、参加希望者のメアド流出

  4. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  5. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです