メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラッキョウ

実だけ切り出す機械開発へ 人手不足で鳥取県

開発する機械の基になる「根付きラッキョウ」用の根葉切り機=鳥取市で李英浩撮影

 鳥取県は来年度、収穫したラッキョウから実だけを切り出す機械の開発に乗り出す。農家の作業の省力化が目的で、2年後の完成を目指す。

 茎や根を取り除いた「洗い」と、一部を残す「根付き」がある。「洗い」は全て手作業のため人手不足が深刻に。「根付き」用の既存の切除機械を改良して「洗い」用を生み出せないか検討…

この記事は有料記事です。

残り86文字(全文236文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『ドラえもん』1巻、21世紀で最大の単月実売数 55.5万部「0巻」効果で新たなブーム

  2. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  3. 地球史の境界「最後の地磁気逆転」明瞭な痕跡、世界が認定 「チバニアン」決定

  4. 「名簿廃棄記録のログは廃棄しておりません」「調査はしません」 「桜」17日野党ヒアリング詳報

  5. エンタメノート 新iPhone「5G待ち」する? AppleTV+にも注目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです