メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

芥川賞

若竹千佐子さん里帰り 岩手・遠野

本田市長と懇談する若竹千佐子さん(右)=岩手県遠野市の市役所で2018年2月27日、鹿糠亜裕美撮影

 主人公が岩手の方言で語るデビュー作「おらおらでひとりいぐも」で第158回芥川賞を受賞した若竹千佐子さん(63)が27日、受賞後初めて出身地の岩手県遠野市に“里帰り”し、市役所を表敬訪問した。

 大勢の市民や職員に迎えられ、市民栄誉賞の授賞も伝えられた若竹さんは、本田敏秋市長らと懇談。作品に登場する八…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです