メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島・浪江の小中

事故前1800人 学校再開10人で

浪江町内の学校に3人の子どもを通わせる一家は昨年末、ピカピカに改修された校舎を見学した。母親は「先生や役場はすごく親身。不便は多いけどありがたい」と言った=福島県浪江町の「町立なみえ創成小・中学校」で2017年12月、尾崎修二撮影

 町に小学生は8人、中学生は2人--。東京電力福島第1原発事故の避難指示が一部解除された福島県浪江町は今春、地元で小中学校を再開させる。町は校舎を改修し、修学旅行も無料にして魅力づくりに努めるものの、通学の意思を示すのは原発事故前(約1800人)の1%に満たない。【尾崎修二】

 静けさが広がる浪江町中心部のややはずれに、白壁の真新しい3階建て校舎がある。昨年3月末に避難指示が解除されたものの、住民登録上の人口約1万8000人に対し、居住者は500人弱にとどまる。再開した事業者も少なく、スーパーも病院もない。

 校舎は、事故後7年間無人だった浪江東中の建物を改修したもので、4月から小中併設型の「なみえ創成小・…

この記事は有料記事です。

残り806文字(全文1111文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 交番で警官刺され拳銃奪われる 防犯カメラに映った男の画像公開
  4. 内閣支持率40% 「年金だけでは2000万円不足」報告書の麻生氏対応「納得できない」68% 毎日新聞世論調査
  5. 交番襲撃 包丁刺さったまま身よじらせ 近隣住民「早く捕まって」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです