メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

待ったなし

注目集めた一門制度=武藤久

 「五輪が始まってよかった」と大相撲関係者がほっとしていたのはメダルラッシュに沸いた平昌冬季五輪のさなか。

 不祥事を引きずりながらの1月の初場所、そのあとの来季の体制を決める日本相撲協会の理事候補選挙も終わったが、その間票数予想などテレビの露出が続いた。各局とも同じような中身で食傷気味だったという声も聞かれた。

 さらに理事候補選で落選した貴乃花親方のテレビなどでの発言も関係者には違和感があったようだ。「貴乃花親方はテレビや週刊誌では発言するけど、これまでも理事会ではいっさい何も言っていない。理事になった当時から『何かありますか』と理事長が尋ねてもいつも『ありません』というだけだった」と困惑する理事経験者がいた。

この記事は有料記事です。

残り716文字(全文1025文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

  2. 東京都で新たに100人以上感染 5月2日以来の3ケタ

  3. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  4. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

  5. 探して!らき☆すたマンホール 合併10年、埼玉・久喜のどこかに設置

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです