メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

初めての部屋探し 不動産業者選びを慎重に

 入学、就職、転勤--。出会いと別れが繰り広げられる春は、引っ越しがピークの季節である。縁もゆかりもない土地で、生まれて初めて部屋探しをすることになる人も多いだろう。不動産業者に任せきりでは条件のいい物件には巡り合えない。失敗しない部屋探しのポイントは何か。【吉井理記】

 「電車で1本、40分ほどで学校に通える。東京都心から離れていて家賃も安い。だから、すぐに入居を決めましたが、東京を甘く見ていました」と振り返るのは、かつて関西から上京し、東京の大学に通った女性である。

 合格後の3月中旬、入学手続きで訪れた大学の掲示板で紹介していたアパートを選び、下見をした上で入居したが、問題は別のところにあった。

この記事は有料記事です。

残り2066文字(全文2368文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  2. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  3. 山本太郎の現在地 (下)「世の中、見えてんのか?」 消費税5%、強気崩さないワケ

  4. 香港だけの問題じゃない 「国安法」で日本の表現の自由も脅かされる

  5. 地村保さん死去 93歳 拉致被害者・保志さんの父

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです