メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

粟谷能夫、明生 菊生の心「今ならわかる」 「十三回忌追善」で「山姫」「卒都婆小町」に挑む

粟谷明生(左)と粟谷能夫=太田康男撮影

 シテ方喜多流の能楽師で2006年に83歳で没した粟谷菊生の「十三回忌追善 粟谷能の会」が、4日午後0時45分に東京・国立能楽堂で催され、菊生のおい、能夫が復曲の「山姫」、菊生の長男、明生が大曲の「卒都婆(そとわ)小町」に挑む。

 菊生は「能楽大事典」(筑摩書房)では「情緒的かつ強い芸風」と評される。日本芸術院会員、重要無形文化財個人指定(人間国宝)にも選ばれた。

 菊生は同流の粟谷益二郎の次男。男兄弟の4人がすべて能楽師となり、1962年には、後に「粟谷兄弟能」…

この記事は有料記事です。

残り964文字(全文1196文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、食品持ち込みOKに 飲料はこれまで通り禁止

  2. 台風17号 暴風でトタン屋根吹っ飛び民家に直撃 福岡・宗像

  3. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

  4. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  5. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです