メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演劇

「岸 リトラル」 心震える魂の遍歴=評・濱田元子

 おそろしくぶっ飛んだ物語に、しかし幾たびも心が震える。レバノン出身のワジディ・ムワワドが描く父と子の魂の遍歴を、演出の上村聡史が演劇というアナログなメディアならではの体温で大胆に体現。深いところに届く。藤井慎太郎訳。

 同じ世田谷パブリックシアター制作で2014年初演の「炎アンサンディ」を含むムワワドの「約束の血」4部作の第1作。

 物語の始まりは、虚無的な生活を送る青年ウィルフリード(亀田佳明)が受けた、疎遠だった父イスマイル(…

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文637文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛媛県文書 「正直に書いている」県幹部、首相否定に
  2. 大阪府警 交際相手に暴行し重傷、傷害容疑で巡査長を逮捕
  3. 天体 太陽系外から飛来? 逆回りの小惑星、45億年前に
  4. 愛媛県文書 首相「加計氏と会わず」事実関係を否定
  5. 愛媛県文書 加計氏との面会否定 安倍首相の発言全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]