メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演劇

「岸 リトラル」 心震える魂の遍歴=評・濱田元子

 おそろしくぶっ飛んだ物語に、しかし幾たびも心が震える。レバノン出身のワジディ・ムワワドが描く父と子の魂の遍歴を、演出の上村聡史が演劇というアナログなメディアならではの体温で大胆に体現。深いところに届く。藤井慎太郎訳。

 同じ世田谷パブリックシアター制作で2014年初演の「炎アンサンディ」を含むムワワドの「約束の血」4部作の第1作。

 物語の始まりは、虚無的な生活を送る青年ウィルフリード(亀田佳明)が受けた、疎遠だった父イスマイル(岡本健一)の死を知らせる電話。母と同じ墓に埋葬することを親族に反対され、父の死体とともに内戦の傷痕が残る祖国へ向かう。

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 河北麻友子、一般男性との結婚を発表 「本当に幸せー!」

  2. 東京で新たに1809人の感染確認 新型コロナ

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです