メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

劇場のピクニック

大阪劇団協議会、合同公演「築地にひびく銅鑼」 演劇の歴史、ジャンル超え継承

大阪劇団協議会 合同公演「築地にひびく銅鑼」=同協議会提供

 12団体で作る「大阪劇団協議会」の合同公演「築地にひびく銅鑼(どら)」が、8~11日、大阪・ABCホールで上演される。日本の近代演劇の激動期を生きた男優、丸山定夫の姿を、舞台上によみがえらせる作品だ。

 協議会は、新劇の流れをくむ劇団により構成される。1971年の結成以来「大阪新劇団協議会」という名だったが、一昨年、より幅広い表現に挑もうと、「新」の字を取った。

 新劇は西欧の近代演劇の影響を受けて明治末期に生まれ、大正末期に東京にできた「築地小劇場」が大きな拠…

この記事は有料記事です。

残り505文字(全文737文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  3. 日米財務相会談 麻生氏、車輸入制限の回避要請
  4. クックパッドニュース [驚きワザ]桃の長期保存には◯◯を使うのが鉄則!
  5. 気になる!保育所 おむつ処分 予算がない?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]