メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

劇場のピクニック

大阪劇団協議会、合同公演「築地にひびく銅鑼」 演劇の歴史、ジャンル超え継承

大阪劇団協議会 合同公演「築地にひびく銅鑼」=同協議会提供

 12団体で作る「大阪劇団協議会」の合同公演「築地にひびく銅鑼(どら)」が、8~11日、大阪・ABCホールで上演される。日本の近代演劇の激動期を生きた男優、丸山定夫の姿を、舞台上によみがえらせる作品だ。

 協議会は、新劇の流れをくむ劇団により構成される。1971年の結成以来「大阪新劇団協議会」という名だったが、一昨年、より幅広い表現に挑もうと、「新」の字を取った。

 新劇は西欧の近代演劇の影響を受けて明治末期に生まれ、大正末期に東京にできた「築地小劇場」が大きな拠…

この記事は有料記事です。

残り505文字(全文737文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペイペイ、「100億円あげちゃうキャンペーン」を13日で終了
  2. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  3. QRコード決済 ソフトバンク系ペイペイ、「奪首」へ100億円還元 競争激化
  4. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用
  5. 厚労省、妊婦加算の自己負担廃止へ 「妊婦税」批判高まり

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです