メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災7年・首長に聞く

門馬和夫・南相馬市長 イノベ構想で復興を 交流人口増、市民との橋渡しも /福島

南相馬市の海岸で昨年1月、ドローンを使って荷物を配送する実証実験があり、サーファーに熱いスープが届けられた

 --新産業の集積で県沿岸部を復興させる国や県のプロジェクト「イノベーション・コースト構想」で、基幹施設になるロボット実験施設が市内で着工した。

 震災発生時は市の経済部長だったので、津波で住宅を建てられなくなった沿海部をどうするのか、若手職員と議論してきた。産業再生をけん引する工業団地や研究施設の誘致が必要だと考え、国や県への要望に加わった。ようやく具体化し始めたことはありがたい。

 --イノベ構想はどれだけ復興の推進力になるのか?

この記事は有料記事です。

残り1294文字(全文1511文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  2. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

  3. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  4. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  5. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです