特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

つなぐ

18センバツ国栃 選手紹介/2 大栗拓也外野手/笹川晴輝捕手 /栃木

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

頼もしい「首位打者」 大栗拓也外野手(2年)

大栗拓也外野手 拡大
大栗拓也外野手

 昨秋の秋季県大会では打率5割8分8厘をマークし、「首位打者」に輝いた。左打席から広角に強い打球を放つ強打の2番打者だ。

 副主将としてミーティングの進行役を務めるなど、プレー以外の面でもチームを引っ張る。中学からチームメートの毛塚大陽選手(2年)は「後輩が緩んでいると、しかることができる頼もしい存在」と一目置いている。

 特技は3歳から始めた釣り。中学2年の時には、約60センチのニジマスを釣り上げたという。センバツでも、「大物」を釣り上げるような活躍を見せたい。栃木市立寺尾中出身。180センチ、89キロ。

チーム一の努力家 笹川晴輝捕手(2年)

笹川晴輝捕手 拡大
笹川晴輝捕手

 誰もが認める「チーム一の努力家」。昨秋の関東大会準々決勝の慶応戦では終盤に1点差に詰め寄る適時打を放つなど、「代打の切り札」も担っている。

 公式戦ではブルペン(投球練習場)捕手として、各投手の調子などを柄目(つかのめ)直人監督や捕手の大久保謙亮主将(2年)らに伝え、継投で勝ち上がったチームを陰で支えた。現在は一塁や左翼など他のポジションにも取り組み、柄目監督から「調子次第でスタメンもあるぞ」と鼓舞され、燃えている。

 空手が得意で小学5年の県大会優勝の実力者。野木町立野木中出身。183センチ、80キロ。=つづく

関連記事

あわせて読みたい