特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。1月28日の選考委員会も速報します。

特集一覧

勝負心・春

2018センバツ中央学院 第3部・選手紹介/5 西村陸右翼手・2年/畔柳舜投手・1年 /千葉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <第90回記念選抜高校野球>

完投勝利が「自信に」 (9) 西村陸右翼手・2年

西村陸右翼手 拡大
西村陸右翼手

 昨秋の公式戦は主に右翼手で出場していたが、関東大会準決勝の東海大相模戦は先発のマウンドに上がった。打者のタイミングを外す巧みな投球術で強力打線を2失点に抑えて完投勝利。「球速がなくても抑えられ、自信になった」

 中学時代は江戸川中央リトルシニア(東京)で投手を務め、3年夏に全国大会で準優勝。高校では1年春からベンチ入りしたが打者1人で降板という苦い経験もした。制球力アップのための筋力トレーニングなどに励む中、昨夏からは外野手での出場が増えた。複雑だったが「試合に出られるのだから、できることをやろう」と切り替えた。打席に立つ機会が増えたことでどんな投手が打ちにくいのか客観的に分かるようにもなり、投手としての出番も多くなった。

 スポーツライター、田尻賢誉(まさたか)さんの「弱者の発想」(日刊スポーツ出版社)を「球が遅くても抑えられた人の話が参考になる」と愛読。マウンドに立つ時はベンチを出て2回ジャンプするのがルーティン。「いつも通りの自分になれる」

にしむら・りく

 (1)右・右(2)172センチ、70キロ(3)葛飾区立立石(東京)(4)読書(5)又吉克樹(中日)


食事で「体を大きく」 (10) 畔柳舜投手・1年

畔柳舜投手 拡大
畔柳舜投手

 投手陣を指導する菅井聡コーチが「体を大きくすればエースになれる素質がある」と期待する1年生投手。昨秋の県大会では登板機会が巡ってこないまま、チームは決勝で敗れた。「投げずに負けたことが悔しかった」と振り返る。

 悩みは「すぐに体重が減ってしまう」こと。食事に気を使い、夕食後の焼き肉店での食事トレーニングに加えて帰宅後も餅を4、5個食べる。投球時、踏み込む左足がぶれてリリースポイントにばらつきが生じるのを直そうと、股関節のストレッチや、正しい体重移動を身につけるためのシャドーピッチングにも取り組んでいる。

 関東大会決勝の明秀日立(茨城)戦では先発出場を果たしたが、三回裏の失点直後に降板。持ち味の角度のある直球で空振りは取ったものの「平常心で投げられなかった」といい、ブルペンでも試合を想定して投げるようになった。

 時間がある時は中学時代の友人とスケートボードに乗るのが気晴らし。センバツで投げる時は「ノーヒット・ノーランを目指す」

くろやなぎ・しゅん

 (1)右・右(2)180センチ、63キロ(3)松戸市立第五(4)良い曲を探すこと(5)松坂大輔(中日)


データの見方

 (1)投・打(2)身長、体重(3)出身中学校(4)趣味(5)憧れの野球選手

 ※名前の前の白抜き四角囲み数字は背番号

関連記事

あわせて読みたい