メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

ヘリテージマネージャーって何? /滋賀

旧今津郵便局舎の耐震診断をするヘリテージマネージャー=滋賀県高島市で2017年12月、ヴォーリズ今津郵便局の会の本田明さん撮影

阪神大震災が契機、歴史的建造物を保全 建築士ら講座修了し認定、県内で92人

 なるほドリ 高島市に残るヴォーリズ建築の旧今津郵便局舎の保全に取り組む住民グループから「ヘリテージマネージャー」という言葉を聞いたよ。詳しく教えて。

 記者 ヘリテージとは遺産などを意味する英語。建築士らが育成講座を修了してヘリテージマネージャー(略称・ヘリマネ、HM)と認定されます。国家資格ではありませんが、歴史的建造物の調査、保全、修理、再生、活用など文化財保護の一翼を担います。

 Q 旧今津郵便局舎は今回、耐震診断を受けたそうだよ。

この記事は有料記事です。

残り1295文字(全文1552文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  3. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです