メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
なるほドリ

ヘリテージマネージャーって何? /滋賀

旧今津郵便局舎の耐震診断をするヘリテージマネージャー=滋賀県高島市で2017年12月、ヴォーリズ今津郵便局の会の本田明さん撮影

阪神大震災が契機、歴史的建造物を保全 建築士ら講座修了し認定、県内で92人

 なるほドリ 高島市に残るヴォーリズ建築の旧今津郵便局舎の保全に取り組む住民グループから「ヘリテージマネージャー」という言葉を聞いたよ。詳しく教えて。

 記者 ヘリテージとは遺産などを意味する英語。建築士らが育成講座を修了してヘリテージマネージャー(略称・ヘリマネ、HM)と認定されます。国家資格ではありませんが、歴史的建造物の調査、保全、修理、再生、活用など文化財保護の一翼を担います。

 Q 旧今津郵便局舎は今回、耐震診断を受けたそうだよ。

この記事は有料記事です。

残り1295文字(全文1552文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  3. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  5. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです