メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

笠置町

戸籍を電算化 全国最終導入回避へ 新年度予算計上 /京都

 笠置町は28日、一般会計13億9850万円の2018年度当初予算案など6日開会の町議会に提出する24議案を発表した。一般会計では導入が遅れている戸籍情報のコンピュータ化に4482万円を計上。全国では既に99・79%の自治体でコンピューター化され、笠置町など4市町村だけが従来の帳簿管理方式を続けている。少子高齢化や人口流出などの影響で厳しい財政運営が続く笠置町は、やむなく財政調整基金(町の貯金)を取り崩し、コンピューター化の多額経費を工面するという。

 一般会計は前年度比2・2%(3050万円)増。主な事業のうち、戸籍コンピューター化には業者委託料1…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文661文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鬼滅の刃 シリーズ累計4000万部突破 10カ月で11倍 勢い止まらず

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  4. 怒る国民、焦る習主席 力任せの「武漢封鎖」に国内で摩擦も 新型肺炎

  5. 全日本吹奏楽連盟「事務局長ら2人が1.5億円超着服」 懲戒解雇

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです