メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

驚都・きょうと

/105 回し奏でる前衛の音 /京都

ダンサーの手によって回転する新しい音響彫刻=京都市上京区で、小松雄介撮影

 1970年の大阪万博で展示された「音響彫刻」。前衛的な形状と独特の音色の作品にヒントを得て、京都市立芸術大の学生が新たに制作した。2日午後7時、府民ホールアルティ(京都市上京区)での公演で初披露する。

 大阪万博の音響彫刻は、作曲家・武満徹の依頼を受けてフランス人のフランソワ・バシェが17基制作。万博後は倉庫に保管され、そのうち「桂フォーン」と「渡辺…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文440文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犯罪被害にあった上、苦しい生活 なぜ経済的支援は届かないのか

  2. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  3. 健康食品か医薬品か 駄菓子かおまけ付きか…軽減税率、対応に苦心

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです