特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

白球に懸けろ!

’18センバツ大阪桐蔭 横顔/7 宮本涼太内野手/森本昂佑投手 /大阪

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 <第90回選抜高校野球>

先輩に負けない打撃を 宮本涼太内野手(1年)

 打撃力を買われ、2年生中心のチームでセンバツ出場メンバーに食い込んだ。ピンチに強く、上級生からも「頼れるバッター」と言われる。

 小、中学生ともに枚方市の硬式野球チーム「オール枚方ボーイズ」に所属。中学時代は1年上に藤原恭大選手(2年)がいて、チームの中軸として活躍。大阪桐蔭に入学したのも、藤原選手の存在が大きい。「目標にする選手の1人」で「同じ左打者として、フォームで盗める部分がないか常に観察している」という。センバツでは「先輩に負けないプレーを見せます」と強い気持ちで臨む。

 チーム一のきれい好きで、野球の道具も常にピカピカ。「そうでないと落ち着かない」という。

恩返し目標に直球勝負 森本昂佑投手(2年)

 入学以来「制球力のある本格派左腕」と期待されたが、昨年のセンバツを前に腰を痛め、練習に参加することもできなかった。福井章吾前主将(3年)に「くじけるな。今は粘って頑張ろう」と励まされ、「あれでつらい時期を乗り越えられた」と、「センバツで活躍し、福井さんに恩を返す」のが目標だ。

 スプリットなど変化球が得意。だが、センバツでは「直球で勝負できる投手になる」と、球速を上げる練習に集中する。甲子園では「自分がマウンドに立ち、春連覇を達成する」と、気持ちも真っすぐ。

 カラオケ好きで年に1、2回、故郷の神戸に帰省して、地元の友達とはじける。声量を誇り、チームでもランニングの号令係だ。

関連記事

あわせて読みたい