特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。1月28日の選考委員会も速報します。

特集一覧

誠実に明朗に

90回センバツ智弁学園 選手紹介/3 吉村誠人三塁手/高塚勢牧遊撃手 /奈良

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
智弁学園の吉村誠人三塁手=奈良県五條市の同校で、佐藤英里奈撮影 拡大
智弁学園の吉村誠人三塁手=奈良県五條市の同校で、佐藤英里奈撮影

 <第90回記念選抜高校野球大会>

強いスイング、誓う 吉村誠人三塁手(1年)

 「タイミング良く、強いスイングで打ちたい」。チームでも指折りの長打力を備え、広い甲子園でもその力を見せつけることを心に誓う。

 幼稚園から野球を始め、中学2年の時に左ひざを痛めた。「野球人生で一番の挫折」と振り返るが、その際、ウエートトレーニングを地道に重ねたことが今につながっているという。これまで打撃フォームを変えることも少なくなかったが、今年に入って監督からバットの運び方や体重移動で助言を受け、「今が一番」と素振りやティーバッティングなどに熱を込める。

 中学時代、自分のことを常に応援してくれた恩師がいるといい、「先生がいなかったら、自分はここにいない」ともらった手紙を大事に見返す。習字、そろばんも得意。

攻めの守備、強気で 高塚勢牧遊撃手(2年)

智弁学園の高塚勢牧遊撃手=奈良県五條市の同校で、佐藤英里奈撮影 拡大
智弁学園の高塚勢牧遊撃手=奈良県五條市の同校で、佐藤英里奈撮影

 「ミスを恐れず、自信を持って前に出て、たとえミスをしても攻めの姿勢を忘れずに守りたい」。内野の要として「攻めの守備」を心掛ける遊撃手に、監督も全幅の信頼を置いている。

 自主練習でも守備に時間を割き、可能な限りいい位置に入り、素早く捕球体勢に入ることを意識しているという。タイミングの取り方に悩んでいた打撃も、同じ遊撃手だった1学年上の先輩からのアドバイスで「以前よりも打てるようになった」。

 明るい性格で誰からも好かれ、常にチームのことを考える。歌手の清水翔太さんやボーカルユニット「ベリーグッドマン」の曲などを聞いて気分を盛り上げる。本番でも、身上とする「強気で戦う」を貫く。=次回は3日

関連記事

あわせて読みたい