JR西日本

「あめつち」7月から 鳥取-出雲市、新観光列車 /島根

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
観光列車「あめつち」の車内イメージ=JR西日本米子支社提供
観光列車「あめつち」の車内イメージ=JR西日本米子支社提供

 JR西日本米子支社は28日、山陰線鳥取-出雲市駅間に導入する新たな観光列車「あめつち」について、7月1日から運行を始めると発表した。JR西と地元が取り組む「山陰デスティネーションキャンペーン」に合わせたもので、詳細な運行計画や地元産品を多用した内装イメージも明らかにした。

 車両は2両編成で59席。土、日、月曜日を中心に1日1往復し、鳥取は午前9時、出雲市は午後1時41分に出発。鳥取発は倉吉、米子、安来、松江に途中…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文523文字)

あわせて読みたい

注目の特集