メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中四国経済

朝食でホテルに客呼ぶ メニューを差別化、外来客も /岡山

 訪日外国人客が年々増える関西などで、各ホテルが特色のある朝食メニューを充実させている。宿泊客に加えてレストランで朝食だけ利用する国内外の観光客や地元客も呼び込み、激化するホテル間の競争で勝ち残りを図る。

 JR大阪駅に直結するホテルグランヴィア大阪(大阪市)の朝食バイキングには、タコと紅しょうがをあえた「大阪ミックス」など具材を選べるオムレツや、たい茶漬けといった和洋約100種類のメニューが並ぶ。昨年7月のレストラン改装時に約75種類から増やし、料金は大人2700円。朝食限定の塩プリンやフレンチトーストを目当てに繰り返し足を運ぶ客もいるという。

 他のホテルに宿泊してからキャリーケースを引いて開店直後に食べに来る観光客や、深夜バスで早朝に駅前に…

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文845文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  3. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  4. 池袋暴走書類送検 遺族の松永さん「やっとスタートラインに」

  5. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです