特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

第90回選抜高校野球

選手紹介/11 明徳義塾・孫入陸選手/高知・森聡希投手 /高知

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
明徳義塾の孫入陸選手=高知県須崎市の同校グラウンドで、松原由佳撮影 拡大
明徳義塾の孫入陸選手=高知県須崎市の同校グラウンドで、松原由佳撮影

 <センバツ2018>

「有言実行」を胸に 明徳義塾・孫入(そんにゅう)陸選手(2年)

 小学3年の時、父親に誘われて野球を始めた。内野手と捕手の経験があり、馬淵史郎監督(62)も「ユーティリティープレーヤー(複数ポジションを守れる選手)」と評する。

 1年の秋季四国大会で初めて背番号を得た。一昨年の神宮大会を前に一度ベンチから外れたが、「次の機会で活躍しよう」と決意。昨夏の高知大会で再びメンバー入りした。

 今冬は打撃練習に注力。「今は控えだが、レギュラーで出ることは諦めていない」。座右の銘「有言実行」を胸に闘志を燃やす。

 奈良県五條市立五條西中出身。167センチ、70キロ。

成長著しい左腕 高知・森聡希投手(1年)

高知の森聡希投手=高知市で、岩間理紀撮影 拡大
高知の森聡希投手=高知市で、岩間理紀撮影

 成長著しい1年生左腕。一冬を越えて「伸びが進化してる。球がきちんと指にかかって、これまで悪かった部分が修正できています」と自信を見せ、その進歩はチームにとっても大きい。

 OBでクラブチーム「松山フェニックス」の松井佑二選手から教わった「しっかり球を指で押す感覚」が、急成長の秘訣(ひけつ)で、得意の「真っすぐ」に磨きがかかった。

 甲子園では「大阪桐蔭(大阪)ら、強いチームの選手相手に投げたいです」と、強豪相手にも気後れなく全力投球を誓う。

 香川県琴平町立琴平中出身。170センチ、85キロ。

関連記事

あわせて読みたい