メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

のぞみ台車トラブル

亀裂問題 新幹線、台車146台交換へ 川重の不正鋼材使用 JR西・東海

 新幹線「のぞみ」の台車に亀裂が見つかった問題で、メーカーの川崎重工業は28日、台車枠の製造過程で底部を不正に削り、鋼材の板厚が最も薄い箇所で基準の7ミリを下回る4・7ミリとなり、溶接不良もあったと発表した。いずれも亀裂の原因になったとみられる。基準を下回る台車はJR西日本と東海で他に146台(車両1両に2台)確認された。神戸市の本社で記者会見した金花(かねはな)芳則社長は「新幹線利用者やJR西日本、東海の関係者に多大なご迷惑をおかけした」と謝罪したが、引責辞任は否定した。

 JR西は2007~10年に川重から台車321台を購入。このうち基準未満の台車が他に100台あり、超…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  2. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
  3. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  4. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師にささげる初優勝
  5. 躍進の炎鵬関 事故死した「兄」しこ名に 白鵬がスカウト

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです