メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

「東には緑濃きグータが視界の限りに広がり…

[PR]

 「東には緑濃きグータが視界の限りに広がり、汝(なんじ)がその四方に見る所すべてに房々と茂る緑の樹々が連なる。もしこの世に楽園があるならば、まさしくダマスカスがそうだ」▲ダマスカスをたたえる12世紀の旅行家、イブン・ジュバイルの言葉だ。グータとは乾燥地帯で奇跡のような広大な緑地をなすグータオアシスである。そこは古くから「エデンの園」になぞらえられ、ダマスカスを楽園都市としてきた▲だがその「グータ」という地名をこのところしきりに耳にするのは、「この世の地獄」という形容を伴ってのことだ。シリアのアサド政権が続けるダマスカス近郊の東グータ地区に対する攻撃で、住民の犠牲者が依然増え続けている▲反体制勢力の拠点となってきた同地区では40万人の住民が政府軍の包囲下にある。過激派組織「イスラム国」(IS)の壊滅で政権の矛先はこの地区に向けられ、先日からの攻勢では百数十人の子どもを含む600人近い死者が出た▲増える犠牲に国連安保理は30日の停戦を決議したが、過激派は停戦の対象外だとして攻撃は続く。政府軍を支援するロシアが自軍に1日5時間の戦闘中止を命じたのも国際的非難をかわす小細工と見られ、停戦は有名無実化している▲露、米、トルコ、イラン、イスラエルなどの各国のエゴが入り組み、和平への道筋がさらに見えなくなったシリア内戦である。この世の楽園を地獄に変えた愚行の連鎖が、中東全域、いや世界全体をのみ込むのを真に恐れるべき人道危機だ。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 経済悪化で待ち切れなかった首相の緊急事態解除 経済回復手探り、第2波の懸念

  5. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです