メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

保育士

賃上げ要件緩和 厚労省

 厚生労働省は、若手保育士らの給与を引き上げる要件を緩和する方針を決めた。現在は3年以上の経験を積んだ保育士の給与に月5000円を上乗せしているが、対象人数は標準的な規模で1施設3人まで。これを3人以上に増やすほか、中堅保育士向けの加算分を若手に配分できるようにする。待機児童解消に向けた保育士の確保が狙いで、近く自治体に通知する。

 政府は今年度から、キャリアに応じた保育士の処遇改善を実施。経験年数が7年以上の中堅は給与に月4万円、3年以上の若手は月5000円を上乗せした。しかし1施設当たりの人数は、若手が「3人まで」、中堅が「5人以上」との要件があり、若手が多かったり、中堅が少なかったりする保育所では、十分な処遇改善ができないとの不満が出ていた。このため若手は「3人以上」に増やすほか、中堅は「2人以上」と要件を緩和する。

この記事は有料記事です。

残り62文字(全文427文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  2. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

  3. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  4. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  5. 「かっこよかった」「生き方教わった」最高齢ライオン・ナイル 死の前々日まで咆哮 京都市動物園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです