メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
変革

第6部 伊藤忠商事/2 コンビニで価値の連鎖

自身が容器改良を手がける総菜を手に取る中野=東京・池袋の「ファミリーマート」サンシャイン南店で、秋本裕子撮影

 2月16日、東京・池袋のコンビニエンスストア「ファミリーマート」サンシャイン南店。商品棚には、プラスチック容器入りのきんぴらゴボウやポテトサラダなどの総菜が並ぶ。「ここはオフィスが多いので、ランチのもう一品にと女性に好評なんです」。伊藤忠商事からファミマに出向中の中野綾美(29)は商品を手に取り、売れ筋などをチェックした。

 少子高齢化や共働き世帯の増加を背景に、弁当や総菜の売り上げは急拡大している。2017年4月にファミ…

この記事は有料記事です。

残り961文字(全文1174文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  4. ヒマワリ 200万本、黄色の海 八戸 /青森

  5. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです