メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

新「戊戌の変法」の怪=坂東賢治

 <moku-go>

 清末の1898年、日清戦争敗北の衝撃から若き皇帝、光緒帝が改革派の若手官僚を登用し、明治維新をモデルに立憲君主制国家を目指した。「戊戌(ぼじゅつ)の変法」だ。日中合作でテレビドラマ化もされた浅田次郎さんの「蒼穹(そうきゅう)の昴(すばる)」に当時の権力劇がなまなましく描かれている。保守派の西太后(せいたいごう)の策謀で変法は「100日維新」に終わる。

 「戊戌の政変」と呼ばれるクーデターは明治維新の立役者として中国でも評価が高かった伊藤博文の訪中時に…

この記事は有料記事です。

残り811文字(全文1048文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 最新鋭マシンか伝統の技か 開票どちらが早く正確か 近づく参院選本番
  5. がん検診誤通知で女性死亡 「要精密検査」を「異常認めず」と 岐阜市

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです