メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
記者の目

ハンセン病療養所、岐路の自治会 国が最後まで責任持て=岩崎邦宏(高松支局)

入所者の高齢化と減少が進む大島青松園。人通りは少ない=高松市の大島青松園で2017年11月24日、岩崎邦宏撮影

 全国13カ所にある国立ハンセン病療養所の入所者自治会の多くが、高齢化と人数減少で運営が困難になっている。毎日新聞の昨秋のアンケートに対し、2カ所は既に自力運営が困難で、7カ所はおおむね5年以内で困難になると回答した。国による強制隔離の下、自治会活動は入所者の権利擁護などで役割を果たしてきたが、その活動は著しく停滞しようとしている。このため、多くの入所者が将来に不安を募らせている。国は、療養所が入所者の思いを十分に反映した将来に近づけるように力を尽くすべきだ。

 私は2016年4月に高松支局に着任して初めてハンセン病問題に接し、取材を続けている。高松港から専用…

この記事は有料記事です。

残り1763文字(全文2045文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. G20会場近くに煙玉 元大阪府警巡査部長を偽計業務妨害容疑で逮捕

  2. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  3. ORICON NEWS 話題の漫画『死役所』、テレ東で初映像化 シ村役は松岡昌宏「ある種新しい境地」

  4. 磯部温泉 安中市、「恋人の聖地」に 「結び処」を設置、カップル呼び込め /群馬

  5. オアシスのとんぼ 輸出規制に反発するソウルの夏 「反日」ためらい「NO安倍」に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです