メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディア時評

産経新聞誤報の元凶は何か=樫村愛子・愛知大教授

 昨年12月1日に沖縄で起きた多重事故で、日本人を救助した米兵が後続車にはねられ重体になったことを報道しなかったとして、沖縄メディアをたたいた産経新聞は、2月8日(中部地方は9日)朝刊で「事実は確認されなかった」「批判に行き過ぎた表現がありました」と謝罪した。それを受け、8日のTBSラジオ「Session-22」で評論家の荻上チキさんは、産経の記事検証は「沖縄県警には取材しなかった」などの経緯の説明だけで、誤報した過程の検証がないと批判した。

 またデジタル版「産経ニュース」は昨年12月9日、那覇支局長名で「勇気ある行動は沖縄で報道に携わる人…

この記事は有料記事です。

残り563文字(全文836文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 台湾、南太平洋キリバスと断交 外交関係のある国は15カ国と最少に

  4. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです