メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公取委

再調査に着手 FFGと十八銀統合審査

 公正取引委員会が、ふくおかフィナンシャルグループ(FFG)と長崎県地盤の十八銀行の統合審査で、借り手企業の意向を聞く再調査に着手した。2016年の前回調査より多い約4400社に調査票を発送した。3月中の回収を目指しており、資金調達への影響などを確認し、統合の可否を判断する材料とする。

 FFG傘下の親和銀行(長崎県佐世保市)…

この記事は有料記事です。

残り141文字(全文304文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道宗谷地方北部で震度5弱 津波の心配なし

  2. 75歳以上「2割」22年度から 医療費負担、低所得者は1割維持

  3. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

  4. 新潟女児殺害 小林被告に無期懲役 地裁判決

  5. グレタさん「最大の脅威は行動を取らないこと」COP25演説全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです