東日本大震災

福島第1原発事故 津波試算数値「小さく」 東電が打診と証言 旧経営陣公判

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京電力福島第1原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電旧経営陣3人の第4回公判が28日、東京地裁(永渕健一裁判長)であり、原発敷地へ最大15・7メートルの津波襲来が想定されると震災前に試算した東電子会社の男性社員が証人として出廷した。男性は、試算結果の数値を「小さくできないか」と本社側から打診されたことを明らかにした。

 男性は「東電設計」に所属。2007~08年、政府の地震調査研究推進本部が「(福島県沖を含む)三陸沖に巨大津波が発生しうる」とした「長期評価」をもとに、原発敷地への想定津波を計算した。

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文578文字)

あわせて読みたい

注目の特集