メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法を知りたい

1986年「北方ジャーナル訴訟」最高裁大法廷判決 「表現の自由」を重視

 <くらしナビ おとなへステップ>

 憲法21条は「言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する」としています。不都合な情報が流れないように政府が新聞や出版物を事前にチェックする「検(けん)閲(えつ)」をした結果、戦争への道を止められなかった過去を反省し、自由に意見を言い合える社会が不可欠だという考えからできた条文です。

 でも、自由な表現は人を傷つけることもあります。表現の自由と、個人の名(めい)誉(よ)の保護をどう調整するか。この問題に一定の解決の枠(わく)組(ぐ)みを作ったのが「北方ジャーナル」事件の最高裁大(だい)法(ほう)廷(てい)判決(1986年6月)です。

この記事は有料記事です。

残り663文字(全文952文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

  5. ウーバーイーツ、広島上陸 中国初、国内11カ所目 50カ国語に対応 /広島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです