特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第76期名人戦A級順位戦 豊島将之八段-三浦弘行九段 第46局の3

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

大事だった局面

 52分後、豊島は[先]7四歩の決戦を見送り、[先]8八角と自重した。三浦も呼応するように1時間6分考え、[後]8四歩。順位戦らしい長考合戦だ。[後]8四歩は[後]8三銀~[後]7二金と組み、銀冠への移行が狙い。これに豊島が[先]8五歩と反発し、局面が動き始めた。

 途中図は、三浦が「実は大事だった」と話した局面。[後]4二角は逸機で「[後]8四飛を利かすべきだった」と言う。以下[先]8六飛は[後]7五角、[先]8六歩はそこで[後]4二角。[先]8六歩と打たせるのがポイントで、それから機を見て飛車を移動し、[後]8四歩を狙うのが得策だった。実戦は[先]7九金と備えられたため、今度[後]8四飛と回…

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文769文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集