メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/207 第6章 15=高村薫 多田和博・挿画監修

 【あらすじ】池袋で殺害された上田朱美は十二年前の野川事件の容疑者だった。被害者栂野節子の孫娘・真弓につきまとう浅井忍は当時の事件現場を撮影した携帯電話を所持しているという。真弓の通った高校の二年先輩・玉置悠一が上田朱美の「元カレ」として合田の目に留まった。

 いまは亡い上田朱美とそのボーイフレンドの、ちょっと不穏な磁場は合田をも捕らえ続ける。同級生たちに比べれば精神的に幼かったと思われる十五歳の朱美と、ただの送りオオカミではなかったらしい十八歳の少年の関係はどういうものだったのか。元捜査員としての関心だけではない、もう少し切実な思いに背を押されるようにして合田は玉置悠一のフェイスブックやインスタグラムをフォローし続ける。男が耽溺(たんでき)しているのは会田誠の描く食用人造少女とか、切腹女子高生とか、群娘図とか。さもありなんと思いながら、合田は知ら…

この記事は有料記事です。

残り568文字(全文946文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  4. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  5. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです