メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気になる!保育所

職場に併設 深夜もOK

布団が敷かれた夜間保育の保育室で遊ぶ女児と保育士=埼玉県秩父市で

 企業や法人が従業員向けに開設する保育所が注目されている。親たちにとって苦しい保育所探しを避けられるだけでなく、仕事と子育ての両立がしやすくなるメリットもある。実態を追った。

 ●人手確保 火急の策

 保育室の照明が半分落ちていた。「上手だねえ。先生も作ろうかな」。粘土をこねていた女児(3)に女性保育士が優しく声をかける。「はい、あげる」とほほ笑む女児。もう午後8時。間もなく奥に敷いてある布団に入るので、パジャマ姿だ。

 1月下旬、埼玉県秩父市の総合病院「秩父病院」が運営する院内保育所「花の子ハウス」。この日の夜、預けられていたのは女児1人。看護師の母親は夜勤で、今ごろナースステーションに詰めているのだろうか。「寂しくならないように」と、保育室のロッカーに歯ブラシや着替えと一緒にアンパンマンの人形を置いていった。

この記事は有料記事です。

残り2102文字(全文2460文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです