メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
気になる!保育所

職場に併設 深夜もOK

布団が敷かれた夜間保育の保育室で遊ぶ女児と保育士=埼玉県秩父市で

 企業や法人が従業員向けに開設する保育所が注目されている。親たちにとって苦しい保育所探しを避けられるだけでなく、仕事と子育ての両立がしやすくなるメリットもある。実態を追った。

 ●人手確保 火急の策

 保育室の照明が半分落ちていた。「上手だねえ。先生も作ろうかな」。粘土をこねていた女児(3)に女性保育士が優しく声をかける。「はい、あげる」とほほ笑む女児。もう午後8時。間もなく奥に敷いてある布団に入るので、パジャマ姿だ。

 1月下旬、埼玉県秩父市の総合病院「秩父病院」が運営する院内保育所「花の子ハウス」。この日の夜、預け…

この記事は有料記事です。

残り2201文字(全文2460文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スコール疑似体験 「めっちゃ降ってびっくり」 福岡市植物園 /福岡

  2. 明石商、準決勝前にグラウンドで汗 「良い状態保てている」中森はマッサージでケア

  3. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

  4. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  5. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです