神戸製鋼所

石炭火発「適切な環境保全必要」 神戸市長が意見書

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 神戸製鋼所が神戸市で進めている130万キロワットの石炭火力発電所建設計画の環境影響評価について、神戸市長は28日「不適切であるとは言えないが、より適切な環境保全措置が必要」との意見書を兵庫県に送付した。

 計画は、神戸市灘区の神戸製鉄所で廃炉となった高炉跡などに65万キロワットの発電機2基を新設するもので、完成すれば、既設分と合わせて270万キ…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文434文字)

あわせて読みたい

注目の特集