メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原爆資料館

学芸員目指す学生がボランティア

原爆資料館の土肥幸美学芸員(中央)とともに作業する宮迫陽奈さん(左)と小糸咲月さん=広島市中区で、山田尚弘撮影

 博物館などの学芸員を目指す広島大(東広島市)の学生2人が、原爆資料館(広島市中区)に寄贈された資料の整理に取り組んでいる。同館を運営する広島平和文化センターと広島大の包括的連携協定に基づく試み。資料館は「人手が足りない中、知識を持つ学生に助けられている」と歓迎する。【山田尚弘】

 「パノラマの写真はどうやって整理しましょうか」。資料館の会議室。ともに文学部3年の宮迫陽奈さん(23)と小糸咲月(さつき)さん(21)が、段ボール箱から古びたアルバムを取り出していた。

 一枚一枚の写真を専用の紙で包んで封筒に入れ、封筒に区分けの基準となる番号を記入し、資料ごとの目録を…

この記事は有料記事です。

残り564文字(全文847文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. バルーンフェスタ概要発表 カラフル気球、123機参加 第40回記念大会 来月31日~11月4日 /佐賀

  4. しまなみ海道サイクル道で画びょうばらまき、自転車31台パンク 愛媛・今治

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです