メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天気

北海道で猛吹雪の恐れ 厳重な警戒呼び掛け

強い雪と風の中、身をかがめて歩く男性=札幌市中央区で2018年3月1日午前10時55分、梅村直承撮影

 急速に発達しながら東へ進む低気圧の影響で1日、北海道は雪や雨を伴って強い風が吹く荒れ模様の天気となっている。

 同日の最大瞬間風速は午前10時半時点で、奥尻町26.2メートル、室蘭市24.8メートルなど。札幌市中心部でも風雪が強まり、見通しの悪い状況が続いた。

 札幌管区気象台によると、道内は2日にかけて猛吹雪となる見込みで、不要な外出を控えるよう厳重な警戒を呼び掛けている。

 この荒天でJR北海道は札幌発函館行きの特急列車など100本以上の運休を決め、新千歳空港を発着する空の便にも大きな影響が出ている。

 北海道では2013年3月の暴風雪により中標津町などで9人が死亡した。気象台は「同じような気象状況になる可能性がある」と指摘している。【三沢邦彦】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 自民総裁選 進次郎氏「違う声を強みに」 石破氏支持理由
  5. 大相撲秋場所 さらばロシアの巨漢 大露羅、引退を表明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです