メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天気

北海道で猛吹雪の恐れ 厳重な警戒呼び掛け

強い雪と風の中、身をかがめて歩く男性=札幌市中央区で2018年3月1日午前10時55分、梅村直承撮影

 急速に発達しながら東へ進む低気圧の影響で1日、北海道は雪や雨を伴って強い風が吹く荒れ模様の天気となっている。

 同日の最大瞬間風速は午前10時半時点で、奥尻町26.2メートル、室蘭市24.8メートルなど。札幌市中心部でも風雪が強まり、見通しの悪い状況が続いた。

 札幌管区気象台によると、道内は2日にかけて猛吹雪となる見込みで、不要な外出を控えるよう厳重な警戒を呼び掛けている。

 この荒天でJR北海道は札幌発函館行きの特急列車など100本以上の運休を決め、新千歳空港を発着する空の便にも大きな影響が出ている。

 北海道では2013年3月の暴風雪により中標津町などで9人が死亡した。気象台は「同じような気象状況になる可能性がある」と指摘している。【三沢邦彦】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プラスチック危機 海流入、50年までに魚の総重量超え?
  2. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
  3. ロシアW杯 決勝に水を差す愚行 男女4人が乱入
  4. プラスチック危機 つながる海、牙むくゴミ(その1) クジラの体内から29キロ
  5. 西日本豪雨 し尿処理できず「水や食事我慢」 愛媛・大洲

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]