メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

避難先で悩み帰郷し強く ふたば未来高卒業

卒業式の朝、母佐知恵さん(左)と笑い合って準備する藤原清哉さん=福島県広野町で2018年3月1日午前7時31分、竹内紀臣撮影

 東京電力福島第1原発事故で避難指示が出た福島県双葉郡の県立ふたば未来学園高校(広野町)で1日、初めての卒業式があり、1期生140人がまなびやを後にした。

         ◇

 福島第1原発事故で、一時は全域が避難指示区域となった福島県浪江町出身の藤原清哉(せいや)さん(17)=同県広野町=は1日、県立ふたば未来学園高校を卒業する。避難先では人間関係に悩んだが、高校ではレスリングに打ち込み、精神的にもたくましくなった。3年で伸びた身長は15センチ以上。「頼もしくなったかな」。母佐知恵さん(38)はそうつぶやくと、息子を見上げた。

 小学5年だった清哉さんは、事故後、親族を頼り一家で北海道へ避難した。中学1年の秋に福島に戻り、いわ…

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文811文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  3. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. ORICON NEWS HTB『チャンネルはそのまま!』民放連賞・最優秀賞の快挙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです