メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

交流

難病カフェ 闘病・仕事・恋愛…皆で語ろう 大阪

自らの難病について語り合う参加者たち=大阪市西区で、久保玲撮影

 難病患者らが気軽に交流する「難病カフェ」が大阪で始まり、インターネットを通じて参加者を募っている。患者数や治療情報が少なく、孤立しがちな当事者が、互いに生きづらさや病気への向き合い方を語り合う。「こんな場所が欲しかった」と、若い世代を中心に東京や愛知からの参加者も。同様の取り組みは他の地域でもあるが関西ではまだ少なく、主催者は「関西でも取り組みの輪が広がれば」と話す。

 カフェは筋ジストロフィー患者の白井祥剛(しょうご)さん(29)=大阪府熊取町=が昨年10月、ソーシ…

この記事は有料記事です。

残り726文字(全文962文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  2. 厚労省 風疹検査無料化、30~50代男性も
  3. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  4. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  5. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです