メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18年度予算案

衆院本会議で可決 年度内の成立確定

衆院本会議に臨む安倍晋三首相(右)=国会内で2018年2月28日午後8時4分、宮武祐希撮影

 一般会計総額97兆7128億円の18年度当初予算案は、28日夜の衆院本会議で、自民・公明両党などの賛成多数で可決され、参院に送られた。予算案は参院の議決がなくても送付から30日で自然成立するため、年度内の成立が確定した。与党はこれに先立つ衆院予算委で野党の抵抗を押し切って予算案を可決。野党は河村建夫予算委員長(自民)の解任決議案を提出したが、衆院本会議で否決された。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS B’z松本孝弘の愛用ギター、SNS情報提供で無事発見 20年ぶり本人の元へ
  2. ことば 健康保険組合
  3. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
  4. 人材派遣健保 解散検討 最大の48万人協会移行
  5. 全国のコープ 生協健保組合が解散検討 16万人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]