メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18年度予算案

衆院本会議で可決 年度内の成立確定

衆院本会議に臨む安倍晋三首相(右)=国会内で2018年2月28日午後8時4分、宮武祐希撮影

 一般会計総額97兆7128億円の18年度当初予算案は、28日夜の衆院本会議で、自民・公明両党などの賛成多数で可決され、参院に送られた。予算案は参院の議決がなくても送付から30日で自然成立するため、年度内の成立が確定した。与党はこれに先立つ衆院予算委で野党の抵抗を押し切って予算案を可決。野党は河村建夫予算委員長(自民)の解任決議案を提出したが、衆院本会議で否決された。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  2. リニア中央新幹線 「ブッポウソウ」消えリニア関連工事中断 中川村でJR東海 /長野
  3. 英・航空ショー MRJがデモ飛行 存在感アピールへ
  4. 京都 祇園祭 前祭の宵山迎え
  5. 豪雨 結婚指輪渡す約束、果たせず 広島・裏山崩れて

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]